創造性を発揮するためのアセンション原理


創造性を発揮するには、

上からのものと下からのものが上手く結びつかなくてはならない


"上からのもの"とはより高次の意識

4次元、スピリチュアルではハイヤーセルフ、自己啓発では無意識や潜在意識と呼ばれるもの

陰・女性性、占星術ではヘリオセントリックです。


"下のもの"とは、3次元、意識・顕在意識、陽・男性性、ジオセントリックです。


この間を繋ぐのがハーモニクスであり、

これを統合したものがハーモニクスの第9調波図です。



内容が繋がっていますので、初めての方はまずこちらをお読みいただければと思います。


アセンションの原理

①ジオセントリックからスタートし、ハーモニクスを通してより上位の意識次元を獲得していきます。

ジオセントリックからハーモニクスの領域までは、人生でぶつかる壁を乗り越えてゆく事により上昇していきます。

壁を乗り越えると、その経験により知恵や知識が身に付きます。

逆に壁を越える前に知恵や知識を身に付けると、壁を乗り越えやすくなります。

つまり、上昇していく力(↑)とは知恵や知識、経験です。



②しかし、異なるコスモス(次元)の間には断絶が存在し、下のものは自力で上に上がることが出来ません。

なので、ヘリオセントリックの側から、ジオセントリックを引き上げます。


具体的にどうするかと言うと、内観です。

思考や心の中は目に見えず、触ることも出来ないので4次元にあたります。

自分の心の中を探求すること。

深層心理へ降りる力(↓)

深層心理から何かを獲得し、自分の知恵や知識、経験と結びつけ、気付きを得る時

それは、次元を引き上げる力になります。


この断絶を乗り越えることが、人生を大きく飛躍させる鍵となります。



③上位次元は下位の次元を内包するので、上からの視点と下からの視点ふたつの視野を獲得した状態に至ります。①と➁の状態に比べ、視野はかなり広がりますが、次元の違うもの同士が重なり合っているので、齟齬が生じます。


④この齟齬(次元の壁・断絶)を統合すると、5次元・ハーモニクス第9調波図の領域に入ります。

完全な創造性を発揮できる段階です。


⑤そしてこの創造性を、現実世界(3次元)に投影します。
この時、多くの人は今までの経験に基づいて①の力を使って下に降ろそうとしてしまうと思います。
しかし、①の力は上昇させる力なので、この段階では返って妨げになってしまいます。

②の力を使っていきますが、②の段階とは違う点があります。
②は何度も何度も自ら深層心理へ降りる経験を繰り返し、そこに眠る何かを獲得していきます。
そして、深層心理である無意識(潜在意識)と意識(顕在意識)の間の通路が出来上がります。


この通路が完成してはじめて、そこから何かが浮かび上がる状態になります。

⑤の段階では、深層心理から浮かび上がったものを①と結びつけて現実へと降ろします。



これが、陰・陽、女性性・男性性の統合。

スピリチュアルでアセンション(次元上昇)と言われるものです。

地球は5次元にアセンションすると言われていますが、地球や人が自動的にアセンションする訳ではありません。

星の配置から見ても"アセンションを促されている"が正しいでしょう。



スピリチュアルではよく、カルマを解消しないとアセンション出来ないと言いますが、
敢えてカルマを意識せずとも、①と②の段階で、カルマは自動的にやってきます。
①と②をクリアすること、それはつまりカルマを解消すると言うことにも繋がります。

ヒーリングやセッションでカルマを解消すると言うものがありますが、

大事な時期なので、ここはハッキリ言っておきます。

そんなものでカルマは解消されません。
なんのためにわざわざカルマを背負って生まれてきているのか?
それは、乗り越えるために他なりません。
自力で乗り越えなければ意味はない。

ヒーリングやセッションは、一時的にカルマを解消したり、エネルギーの通りを良くする事により、本人に気付きを促し、上昇する手助けをするためのものです。
利用するひとは、そこをよく理解した上で利用することをおすすめします。


< 本物の創造性を発揮すること=アセンション >

人類は皆、集合意識で繋がっています。

ひとりひとりが創造的人生を生き、幸福になることは、幸福の連鎖を産み、やがて全人類の幸福に繋がります。

それがアセンションです。



創造性は、特別な人にだけ与えられたものではありません。

ひたすらに自分の心の声を聞き、同時に自分の枠を越えるための知恵や知識を身に付け、応用する。

それが、創造力です。


自分の人生を切り開く力であり、果ては全人類を幸せに導く力となる。



|関連記事