潜在能力開花リーディング内容説明


一般的によく知られている占星術は、ジオセントリック占星術と言われる手法です。

これは、地球を中心とした天体図(ホロスコープ)を使う占星術です。

占星術の起源は紀元前3000年頃と言われており、16世紀頃までは天動説が信じられていたため、

地球を中心としたホロスコープが用いられています。


しかし、現在では天動説が間違いであることは常識です。

であれば、占星術も、太陽を中心としたホロスコープを用いるべきであるはずです。


この、太陽を中心としたホロスコープを用いる占星術をヘリオセントリック占星術と言います。

わたしは、このヘリオセントリックのホロスコープにこそ、個人の本来あるべき姿が描かれていると考えます。



しかし、多くの人は、このヘリオセントリックのホロスコープに違和感を抱きます。

それは、ジオセントリックのホロスコープが受動的なものであるのに対し、

ヘリオセントリックのホロスコープは能動的なものであるためです。


ジオセントリックのホロスコープは、ただ、普通に生きているだけでも影響を受けます。

しかし、ヘリオセントリックのホロスコープは能動的に人生を生きた時にのみ、発揮されるものであるからです。



能動的に人生を生きている人は、そもそもジオセントリックのホロスコープに違和感を感じることになります。

言い換えれば、これは、夢や理想を掲げ人生を能動的に生きる人の少なさを物語るものでもあると思います。


現代はインターネットの普及で、誰でも人生を創造的に生きられる時代です。

これからは、誰もが夢を持ち能動的に人生を生きる時代になります。

特に2020年以降、その傾向が強く表れることになります。


ジオセントリック占星術のみを見ていくと、人生はとても不自由になります。

それは、目に見える、現在そうである事実に囚われるからです。


ジオセントリックのホロスコープは、はじまりでしかないのです。

なぜ、そのホロスコープを持って産まれたのか?

この、なぜの回答に当たるのがヘリオセントリック占星術の出生図のホロスコープであり、

人生における、大きな目的を示します。



その人生の目的を成し遂げるためには何を学び、どのような生き方をするべきか、

という道筋や課題を示すものが、この潜在能力開花リーディングです。



ジオセントリックのホロスコープは初期能力と言えます。

ヘリオセントリックのホロスコープは顕在化する可能性のある能力、つまり潜在能力です。

このふたつを繋ぐハーモニクス占星術は、能力開発にあたります。


ハーモニクス占星術、ヘリオセントリック占星術を応用し、

潜在能力を開花するために必要な力をリーディングしていきます。


もうひとつ、 

 潜在能力を発揮するために必要なのが「自己超越」です。 

ジオセントリックからヘリオセントリックへの移行ポイントを合わせてリーディングします。



リーディングをご検討の方は、リーディングポリシーを読んで頂いた上でお申込み下さい。