獅子座上弦の月ー運命的創造力の実現


23日、6時45分、獅子座で上弦の月を迎えました。


牡羊座の新月で、わたしたちは創造的な衝動の実行を促されました。

沢山のアイデアを思い付いたり、実行したりする中で、そろそろ壁に行き着く頃。


創造的衝動の反動


具体的に実行に移す段階で難しさを感じたり、「やってみたけどなんかちょっと違うかも」とか
アイデアはあっても「自分に出来るのかな」と不安になってみたり、
そして結局、「やっぱ出来ないかも」なんて思ったり。


そういった出来事から、自分が本当に求めているものに気が付く。



月は思考の3ハウス、☉太陽は潜在意識の12ハウスにあります。
☉太陽には♅天王星がコンジャクション。


思考に、人生を大きく変えるインスピレーションがもたらされる。


月は、影響を波及させる度数
☉太陽は、天啓の度数

この☉太陽の度数は、タロットで言う「神の家(塔)」
困難や崩壊、失敗や終わりを意味し、タロットカードの中でも最凶と言われます。


占星術で言うところの冥王星に近いですが、冥王星は再生がセットであるのに対し、

神の家(塔)は再生が無いとも言われています。

解釈が難しいと言われているカードなので、考察含め別記事で詳しく解説しようと思いますが、
簡単に説明すると、わたしは「祝福」だと思っています。



新しい世界への旅立ちの祝福

天啓(宇宙の祝福)を受け取り、影響を波及させるための、ソウルワークへと繋がるインスピレーションです。



このインスピレーションは、自分の枠を超えたインスピレーションである可能性が高いです。

今年の1月、わたしたちは、想像できる範囲の理想ではなく、大きな夢を見ることを促されました。


この頃、手なんて届く筈もないような、本当にただ漠然と夢だったものが、少し形になって

手が届くかもしれない所まできているような。


でもそれは、まだまだ遠くて、不安とか、尻込みする気持ちとか。

そーゆーものを超えて、あと少し、手を伸ばす。


そんな感覚の、獅子座上弦の月です。

この時、その夢を否定した人は、その夢の再浮上と共にインスピレーションがもたらされるかもしれません。



そしてこれらを、蠍座の♃木星が拡大させていきます。
この♃木星は奉仕の6ハウスにあります。
自分を犠牲にする意味合いのあるハウスですが、非常に神秘的な力が働く星配置なので、
宇宙からのオーダーで宇宙への奉仕ですから、未知の世界へ飛び込むために、自己犠牲は必要としません。

必要なのは、今までの感覚が通用しない未知の世界へ飛び込む勇気。


何かを犠牲にして、何かをしようとしているのなら、見直した方が良いと思います。



乗り越えるポイントは、受動的行動
行動には、能動的行動と受動的行動の2種類あります。
これも詳しく説明したいのですが、簡単に言うと、インスピレーションを受けての直感的な行動が受動的行動です。

頭を使って、考えて行動するのが能動的行動。


インスピレーションがもたらされる星配置なので、それを受けて受動的に行動する。

インスピレーションが湧かなかったり、動けない時は、どこかのバランスが崩れています。

その場合は、無理に動こうとせず、自分を養うことに集中して下さい。

それが結果、インスピレーションをもたらします。



結果は気にせず、とにかくやれるだけやってみる。


結果を基準にして動くというのは、それは真実からの行動ではありません。


成功しそうもなくても、失敗する可能性が高くても、それでもやる、

やりたい、と思うことが真実

0.1%の可能性に賭けてもやりたい、叶えたい、それが本当の願い。

重要なのは、結果じゃない。
エネルギーを動かすことに意味がある。


エネルギーが動けば、結果「何か」が変わる。


求めていた変化じゃないとしても、目に見えない変化だとしても、動けば確実に「何か」が変わる。

動かなければ、変わらない。


その一歩を前に踏み出すことでしか、辿り着かない。

その一歩が、人生を変える。