水瓶座上弦の月ー『真正』と『神聖』を取り戻すためのイニシエーション『新生』


4日、19時23分、水瓶座で上弦の月を迎えました。


本来の自分を取り戻すための浄化のようなエネルギーです。

特に、他に迎合して生きる要因となったこと、自分らしく生きられない原因となっているものが、

心の奥(潜在意識)から湧き上がって来ることを示しています。

1日から蠍座で☿水星が逆行に転じました。

自分の中にある目を逸らしていたもの、心の奥の奥の方へ(無意識に)閉じ込めてしまっていたもの。

自分の中にある見たくない現実と向き合わなければならなくなりそうです。


現象を作り出しているのは潜在意識です。

ここにネガティブ(ゴミ)が溜まっていると、ポジティブな現象を創り難くなります。

無意識に人生の進路を阻む壁となって現れますから、本来の自分に戻るためには心の断捨離や大掃除が必要です。

一緒に部屋の掃除をするのも良さそうですね。



ネガティブな感情が浮かんできたら、気が済むまで落ち込むこと。

ひたすら落ち込んで底辺まで行けば行くほど浄化されます。

ネガティブな感情の自分と友達になって、徹底的に話を聞いてあげて、

どんどん負の感情を引き出して解放してあげましょう。

散々落ち込んでスッキリした心のスペースに、何らかの理解がやってきます。


マイナスでしかないと思っていた自分の嫌いなところ。

こんな自分じゃなければ良かったのに。

そう思って、ずっと自分で自分を認められなかったこと。

自分で自分を認めてあげられなかったから、それを世間に隠したり誤魔化したりしてきた。

そういう想いに気付いて、受け入れて、認めてあげる。

傷を克服するっていうのは、認めてあげること。

苦手意識があると、どうしてもそれを避けたり隠したり、強がってみたり反抗したりして、

無いことにしようとしてしまうものなんですね。嫌いな人に対する感覚に近いです。

傷を認めてあげて、ちゃんと自分の一部として扱ってあげること。

だから、キロンはちゃんと使う。

そして堂々と、「これが本当の自分だ!」って世界に表現する。



承認欲求というものがありますが、本当は誰かに認められたい訳じゃないんです。

自分で自分を認めてあげたいだけ。

自分を認められないから、誰かに認められることを求める。

そうすれば自分を認められる気がするから。

でも、逆なんです。
自分で自分を認めた時、誰かに認めてもらえる。


現在☉太陽が蠍座にありますが、蠍座は「鏡の法則」のサインです。

自分で自分のダメなところを認めてあげることで、

人や社会からもそれが認められる世界が創られる。



自分の傷をよく観察すると、その中に自己実現(個性を社会貢献に活かすため)のヒントが隠されています。


ホロスコープで小惑星フォルスを見ると、傷と向き合い、生まれ変わるために何をするべきかが見えてきます。
小惑星の出し方と読み方はこちらを参考にして下さい。


『真正』本当の自分=宇宙(神)に与えられた『神聖』さを取り戻すために、『新生』新しく生まれ変わる



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

因みに、前回ご紹介すると言った本ですが、
最後の方で知識の無い人を馬鹿にするような、知識の有無で人を値踏みするような発言があったので、

記事も完成させていたのですが、お薦めする気持ちを失ってしまいました。

紹介する手前、最後までしっかり読んでからにしようと思って良かったです。


著者は仕事が出来ても教養の無い人間になるなと言っていますが、

仕事が出来て教養があっても品性を欠いた人間にはなりたくないものです。


記事の方はまた違った形でアップ出来るまで寝かせようと思います。